2016年02月22日

代表質問を通告

 予算市議会が開会中です。
新年度予算を審議する予算市議会が17日、本会議をひらいて開会しました。会期は31日間。
審議している議案は、新年度予算、補正予算、条例関連など全部で45件。

 市議会は議案調査を行なって、25日から本会議を再開し、代表質問を行ないます。
私は日本共産党市議団を代表し、26日午前10時から2時間15分質問します。

通告項目は以下の通りです。
○市政運営について
(1)市長の過去5年間の検証について
(2)市民への市役所の対応について
○子ども医療費助成制度の充実について
 ・所得制限の撤廃、窓口負担の軽減を図ることはできないか
○高齢者支援について
(1)特別養護老人ホーム増設など、介護サービス施設の整備について
(2)介護サービスの充実について
 ・高齢者サポートセンターの充実及び体制について
 ・在宅介護への施策拡充、介護予防など地域での連携及び支援について
(3)介護給付費のチェック体制について
 ・これまで介護給付費の不正請求はあったのか。またチェック体制はどのようになっているのか
○景気・雇用対策について
(1)公契約条例制定の考えについて
 ・過去検討してきたが、その後の経緯及び課題について
(2)都市農業の振興について
 ・梨農家の現状と振興策及び空き農地の対策について
○まちづくりについて
 ・武蔵野線新駅設置と沿線まちづくりに係る今後の事業手法と広く市民の意見を聞く考えについて
○道路・交通行政について
(1)国分高校バス停駐輪場の有料化について
(2)道路舗装と側溝整備(大野町2−758‐3番地〜3丁目1473番地先)について
○財政運営について
 ・市の予算編成の考え、中期財政計画について
※ご意見や要望をお寄せください。金子貞作

2016_0221_163731-DSC02167.JPG
(南大野マルエツ前で戦争法の廃止署名活動:2月21日)
posted by 金子貞作 at 08:45| Comment(0) | 市議会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: