2015年06月24日

政務活動費の自主返納

 本日の市議会一般質問で、越川議員が政務活動費の問題を取り上げました。
議会事務局長の答弁で、「6月22日現在、自主返納をした会派、申し出は8会派で合計額8,948,795円である」ことが明らかとなりました。

 昨年発覚した、一部議員の切手大量購入に端を発した市川市議会の政務活動費の支出問題で、市議会の2つの調査特別委員会(百条委員会)に先行して行われた市長の外部監査報告書が3月25日公表。
外部監査では、「切手購入」「備品購入」「市内視察」「会報の作成について」を調査し、すべての会派に「不適切な支出があった」としています。

 日本共産党の支出はすべて政務調査(活動)費の主旨にそったものであり、不正な支出はいっさいありません。同時に、監査が指摘した諸点について、真摯に自己検討し、切手代4,000円とパソコンの按分など合計58,895円を自主返納していました。
posted by 金子貞作 at 15:26| Comment(0) | 市議会

2015年06月23日

表彰を受ける

 本日の市議会で、全国議長会から議員在籍20年ということで表彰状を受けました。
議会開会前に市川市議会議長から表彰状と記念バッチを頂きました。
これも支持者の皆さんのご支援のおかげです。
これからも市政発展、市民の願い実現にしっかり応えていく所存です。

2015_0623_124619-DSC01836.JPG
(表彰状です)
posted by 金子貞作 at 16:59| Comment(0) | 市議会

2015年06月20日

マイナンバー

 私は、6月市議会の質疑で、日本年金機構の情報漏えい問題からマイナンバーは国に中止を求めるよう指摘しました。
 国民一人ひとりに付けられた12桁の個人番号は、今年10月から、個人番号が記載された「通知カード」という形で、市民に対し、世帯単位ごとに簡易書留で通知されます。
なお、12桁の番号は、基本的に一生変わりません。

 そして、来年1月から、希望者に「個人番号カード」を交付するというスケジュールになっています。
 国民ひとり一人に付けられた12桁の個人番号は、来年1月から利用が始まります。
例えば、年金・雇用保険・医療保険の手続き、生活保護・児童手当・その他福祉の給付、確定申告など税金の手続きなどで、申請書等に個人番号の記載が求められてきます。
 
 ネットに接続している限り漏えいのリスクはある。そして次々出てくるウイルスの対策は追い付かない。
完全に防ぐことは、プロでも至難の業と言っている。
情報量が多い、大規模データ―ほど、盗む価値が高く狙われやすいことは明らか。
そして流出したが個人情報は元にもどないなど被害の大きさと深刻さから見ても、マイナンバーは中止すべきと求めました。
posted by 金子貞作 at 12:33| Comment(0) | 市議会